子どもが喜ぶハロウィンの可愛い料理レシピ4選

ハロウィキ編集部ハロウィキ編集部

  • 2017/10/05

可愛い, 料理

65_1

10月31日は、ハロウィンです。自宅でパーティーを開催するという人も多いと思いますが、お料理は決まっていますか? もしかしたら、まだどうしようか悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、子どもが大喜びの、可愛い料理レシピを集めました。作り方もそこまで難しくはないので、今年のハロウィンは子どもたちと一緒にお料理を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

メイン料理はこちら! 簡単に作れるパーティーレシピ

グラタンソースでお手軽に! 「ハロウィングラタン」

普通に作ると手間のかかるグラタンも、グラタンソースを使えば簡単に作れます。カボチャの皮でデコるジャック・オ・ランタンの顔がポイントです。

【作り方】
(1)カボチャは種を取って耐熱容器に入れ、ふわっとラップをかけて600Wの電子レンジで約4分加熱します。スプーン等で果肉と皮に分け、皮はジャック・オ・ランタンの顔にします。

(2)玉ねぎ2分の1個を薄切りにします。鍋に油を熱して、牛ひき肉200gを炒め、色が変わったら塩、こしょう、ナツメグ、シナモンを振ります。

(3)玉ねぎを加え、しんなりしてきたら1ので果肉を加えて混ぜます。市販のグラタンソースと牛乳200mlを加え、なめらかになるまで混ぜます。混ぜ合わせたら耐熱容器にいれて、粉チーズを振りかけます。

(4)カボチャの皮でジャック・オ・ランタンの顔を作り、表面に焼き色が付くまで、トースターで焼きます。

キッチンばさみで簡単デコ! 「ハロウィンお化けのデコピザ」

市販のピザ生地で作るお手軽ピザです。キッチンばさみでスライスチーズをお化けの形に切るので、子どもたちも大喜びでデコレーションしてくれるのではないでしょうか。

【作り方】
(1)ベーコン2枚は5mm幅の短冊切りに、スライスチーズはお化けの形に切ります。焼きのりはコウモリの形と、三日月状に切ってお化けの口にします。

(2)市販のピザソースとベーコン、コーン60gを混ぜ合わせてピザ生地に塗り、スライスチーズをのせます。180度に予熱したオーブンで約10分、焼きます。

(3)焼きあがったら、のりで仕上げて、お化けに黒ごまで目を作って完成です。

ちょっとびっくり⁉「お化けサンドイッチ」

バターロールがあるなら、ぜひ挑戦してほしいのが「お化けサンドイッチ」です。日本風のお化けの姿がかわいらしく、お弁当にもぴったりです。

【作り方】
(1)バターロールに切り込みを入れて口を作り、横からも具を挟む時のために切り込みを入れます。

(2)お好みの具材を挟みます。

(3)ハムを切って、お化けの舌を作ります。余ったハムは、パンに挟んでしまいましょう。切ったハムは、1で作った口に挟み込みます。

(4)1で口を作った時に余ったパンで手を作り、マヨネーズなどでくっつけます。目と三角巾は、スライスチーズの余りを使います。黒目をのりで作って完成です。

大人数のパーティーにおすすめしたい「ハロウィンおにぎり」

お弁当の定番であるおにぎりも、丸く作って顔をデコレーションすれば、ジャックとランタンに変身します。大人数が集まるようなパーティーで活躍しそうなレシピです。

【作り方】
(1)ご飯を丸く握ります。このとき、平たい面を作るとデコりやすくなります。ご飯の量は、1個につき50g程度が目安です。

(2)のりでジャックの目と鼻、口を作り、(1)にのせます。

(3)別のご飯には、ケチャップを混ぜ、ラップに包んで横楕円形に握ります。握ったら、箸でカボチャの線を作ります。逆台形の形にするのがポイントです。

(4)のりでランタンの顔を作り、(3)にのせて完成です。

 

今回は、子どもたちが喜びそうなハロウィンパーティーレシピをご紹介しました。子どもと一緒に仕上げのデコレーションをするとさらに喜びそうです。

リアルなお化けだと怖いかもしれませんが、おにぎりやサンドイッチになると不思議と可愛く見えるものです。子どもたちとおいしく、楽しく、ハロウィンパーティーを満喫してくださいね。

SNSでシェアして、みんなでハロウィンイベントに行こう!

ハロウィキ編集部

ハロウィキ編集部

関連するハロウィン記事

おすすめのハロウィンイベント

ハロウィキがおすすめする東京都のおすすめハロウィンイベント情報です。気に入ったハロウィンイベントを見つけたら、コスプレして参加してみよう!