ハロウィンメイクはタトゥーシールで簡単手軽に!

ハロウィキ編集部ハロウィキ編集部

  • 2017/10/05

タトゥーシール, 簡単メイク

38-1

ハロウィンといえば仮装、仮装といえば、やっぱり個性的なメイクですよね。

「でも、ハロウィンらしいメイクなんて難しそう……」そんなあなたにおすすめなのが、タトゥーシールです。誰でも手軽に、簡単に、ハロウィンメイクを楽しめますよ。

 

そもそもタトゥーシールって?

タトゥーシールとは?

「タトゥー」とは日本語で「入れ墨」のこと。つまり、タトゥーシールは入れ墨みたいに見えるシールのことです。

シールといっても、台紙からはがしてそのまま貼るのではなく、肌に転写できるようなものが多く、ぱっと見ただけでは本物のタトゥーと見分けがつかないほどのものも多く販売されています。

もちろん、あくまでシールなので、ちゃんとはがせるのもポイントです。

こんなにいっぱい!ハロウィン用タトゥーシール

タトゥーシールには、とてもたくさんの種類があります。特にハロウィン用のタトゥーシールは、年々数が増え、今では「これもシールなの?」と驚くようなものもたくさんあります。

もっともオーソドックスなタトゥーシールが、水で転写するタイプのもの。転写したい部分を台紙ごと切り取って肌に当て、水を含ませたスポンジなどで押さえて肌に写します。

ハロウィン用で重宝するのが、傷メイクシールです。かなりリアルな傷口が、貼るだけで簡単に作れます。こちらも水で簡単に貼れるものが多いですが、先に紹介したオーソドックスなタトゥーシールに比べるとはがれやすい傾向にあります。

目元にがっつり使えるフェイスシールも豊富になってきました。まるで仮面でもつけているかのような大きなシールもあり、目立ちたい人におすすめです。さらに、グリッター(ラメ)タイプのものや、蓄光塗料の入った発光タトゥーシールも出ています。

 

どうやって使う?タトゥーシールメイクのやり方!

効果的に使いたいなら断然アイ・タトゥーシール!

できるだけ安価にタトゥーシールメイクをしたいのなら、もっとも効果的に見える目元メイクを中心にしてみましょう。

目元用のアイ・タトゥーシールも多く販売されていますが、目尻の近くにワンポイント入れるだけでも、インパクトのあるメイクになるのでおすすめです。

やっぱり外せない!傷タトゥーシールで簡単ゾンビメイク

ハロウィンと言えば、やはり傷タトゥーシールを使いたいですよね。自分で傷メイクを作るのはちょっと面倒ですが、タトゥーシールを使えばあっという間に完成してしまいます。

イベント会場まで公共交通機関で移動する場合などは、到着するまでのあいだ、傷メイクの部分を隠すなど、一般の方への配慮も必要ですが、タトゥーシールなら会場についてからでもさっと付けられるのでお手軽です。

かわいいジャック・オ・ランタンもおすすめ

かわいいメイクを目指したいなら、ハロウィンの定番、ジャック・オ・ランタンのタトゥーを貼ってみるのもおすすめです。

普段のメイクに貼るだけで、ハロウィンらしくなります。頬に涙や星、ハートなどを貼ってもよいですよ。

目立ちたいなら、キラキラのストーンも組み合わせよう

「タトゥーシールだけじゃ物足りない、もっと目立ちたい!」という人には、ネイル用のストーンを組み合わせてみるのがおすすめです。

といっても、マニキュアで顔に貼るわけにはいかないので、つけまつ毛用のグルー(接着剤)を使うとよいでしょう。弱い目元に使う接着剤なので、顔に貼るにはぴったりです。

タトゥーシールは、手軽に使えて、簡単に細かなデザインのメイクも実現できるすぐれものです。

メイクと組み合わせたり、ストーンと組み合わせたり、アイライナーなどの手描きイラストと組み合わせたりすれば、もっと楽しみが広がります。値段も安価なものが多いので、ぜひいろいろ試してみてくださいね。

SNSでシェアして、みんなでハロウィンイベントに行こう!

ハロウィキ編集部

ハロウィキ編集部

関連するハロウィン記事

おすすめのハロウィンイベント

ハロウィキがおすすめする東京都のおすすめハロウィンイベント情報です。気に入ったハロウィンイベントを見つけたら、コスプレして参加してみよう!