ハロウィンのお菓子をかわいくラッピング!簡単ラッピングのアイデア6選

ハロウィキ編集部ハロウィキ編集部

  • 2017/10/02

お菓子, ラッピング

81_1

「トリックオアトリート!」の声とともに、お菓子をもらいにやってくる子どもたち。せっかくなら、ハロウィンらしい雰囲気にあふれたかわいくて楽しいお菓子を配ってあげたいですよね。

とはいえ、「器用な人はいいけれど不器用な私にできるかな?」とお悩みの方もいるはず。ここでは、テクニック要らずでかわいいハロウィン仕様のラッピングが簡単にできるアイデアを6つご紹介します。

 

超簡単!たくさんのお菓子を1袋にまとめるラッピングアイデア4選

簡単で間違いなし!紙袋を使ったラッピング

@pnk5_5がシェアした投稿 - 2016 10月 28 8:35午後 PDT

ハロウィン柄の紙袋にお菓子を入れて上から折り込み、シールで留めて完成。少しアレンジを加えたい方は、シールの代わりに木製クリップで留めたりしてもかわいいですね。

上部の方にパンチで2つ穴を開け、そこにリボンを通して結んだりしても簡単なうえにオシャレですよ。

ちょっと怖いかも、透明手袋!

Keimuさん(@k.914)がシェアした投稿 - 2016 10月 31 11:43午後 PDT

透明か半透明のビニール手袋にお菓子を詰め込み、手首の部分をリボンなどで結びます。ハロウィンならではの、ちょっと「キモカワ」な面白さを演出できます。見た瞬間に、ちょっとびっくりする子どもたちの顔が目に浮かびますね。

透明ですから、色とりどりのお菓子を詰め込んで目を楽しませるのもいいでしょう。それか、あえて肌色に見えるお菓子を詰め、爪の場所を赤く塗るのもなかなか不気味に仕上がって盛り上がりそうです。

シンプルの極み、透明袋!

keikoさん(@nonnonht25)がシェアした投稿 - 2017 9月 14 9:45午後 PDT

「忙しすぎてラッピングやリボンを買いに行くのを忘れた!」「透明のラッピング袋しか持ってない!」そんなときも、慌てなくて大丈夫。透明の袋に黒い油性ペンで、お化けの顔やジャックオーランタンの顔を描いてしまう方法もあります。

お菓子を詰めれば、ちょっとファニーな贈り物のできあがり。袋の上をかわいいリボンで結べば、ハロウィン仕様のラッピングがあっという間に完成です!手描きのイラストは、味わいが決め手。絵に自信がなくても、果敢にチャレンジしてみましょう。

失敗などあり得ない、紙コップ!

この方法はとにかく簡単!ハロウィン柄の紙コップに、お菓子を詰め込むだけ。どんな不器用さんでも、失敗しようがありませんね。

そのままで渡すのもいいですが、蓋がなくお菓子が落ちてしまうのが心配なときは、透明なビニール袋で包んでおくか、口の部分にマスキングテープを格子状に貼っておけば大丈夫。マスキングテープを使うときは、念のため小さすぎるお菓子を入れないようにすると安心です。

 

個別包装や、みんなに配るお菓子用のラッピングアイデア2選!

オレンジ色の薄紙やビニール袋で包むだけ!

オレンジ色の薄紙やビニール袋があればできる、かわいいカボチャ型のラッピングです。ビニール袋でお菓子を包み、上の部分を紐で結ぶかマスキングテープでねじって留めれば完成。

コロンとしたちっちゃなカボチャ型のプレゼントが簡単にできますよ。顔を描けば、ハロウィンのシンボル・ジャックオーランタンに。

ペーパーナプキンで!

手作りのクッキーや、ケーキにうってつけなのはこれ。

ハロウィン柄のペーパーナプキンでお菓子を1個ずつ包み、テープで留めて透明の袋に入れます。ナプキンで包むので、食べるときそのまま使えて便利ですよ。

 

いかがでしたか?毎年9月にもなれば街中でハロウィンの装飾がなされ、文具店や雑貨店、100円ショップなどあらゆるお店でハロウィン柄のラッピンググッズが売られています。ハロウィンが、どれだけ楽しみにされているかわかりますね。

また子どもたちだけでなく、最近は大人が職場の同僚やお友達同士でもプレゼントを配ったりするようです。ぜひ、今回ご紹介したラッピングアイデアを参考にしながらチャレンジしてみてください!

SNSでシェアして、みんなでハロウィンイベントに行こう!

ハロウィキ編集部

ハロウィキ編集部

関連するハロウィン記事

おすすめのハロウィンイベント

ハロウィキがおすすめする東京都のおすすめハロウィンイベント情報です。気に入ったハロウィンイベントを見つけたら、コスプレして参加してみよう!