【本格的なハロウィンメイク】傷メイクをティッシュで簡単にする方法

ハロウィキ編集部ハロウィキ編集部

  • 2017/10/02

ティッシュ,

49_1

秋のメインイベント「ハロウィン」。今年はどんな仮装をするか、もう決めましたか?まだお悩み中という方は、ちょっと怖さを演出した“ゾンビメイク”でゾンビになりきってみてはいかがでしょうか?

「おもしろそうだけど、傷を再現するメイクが大変そう」「そもそも、特殊メイクなんてできないし…」という方におすすめなのが、どこでも手に入る“ティッシュ”で再現する傷口メイクです。
今回は、ティッシュで簡単にできる傷口メイク方法をご紹介します。

boru

まずは、基本から!ティッシュでできる簡単傷口メイク

血糊(のり)の代わりにリップグロスで血を再現

わざわざ血糊を手に入れなくても、リップグロスがあれば簡単に血のついたメイクを再現することができます。

メイク落としで簡単に落ちるので、失敗してもすぐに直せるのが嬉しいポイントです。

○用意するもの
・ティッシュ
・リップグロス
・化粧下地
・アイプチ
・コンシーラー
・アイシャドウ(青・赤・黒)

○メイク方法
(1)傷を作る場所に化粧下地を塗ります。
(2)接着剤の代わりにアイプチを傷の形に塗り、ティッシュをちぎって貼ったらコンシーラーで肌の色に近づけます。
(3)青と赤のアイシャドウであざを再現します。内側に赤、外側に青を塗り、上から黒を重ね、さらにその上に赤を重ねてぼかします。
(4)傷メイクの周囲に、赤を薄く塗ります。時々、青を混ぜるとリアル感が出ます。
(5)グロスをたっぷり塗って完成!

グロスのテカテカした色合いが、流血する傷口そのものに見えるメイク方法です。簡単かつ家にグロスがあれば、すぐに試すこともできる本格ハロウィンメイクは、取り入れやすさも抜群です♪

接着剤を使えば、さらにリアルな傷口に!

よりリアルな傷口メイクを作るなら、接着剤を使うのがおすすめです。乾いた接着剤で、かさぶたや血の固まった状態を再現できます。

○用意するもの
・接着剤
・ティッシュ
・アイシャドウ(赤・青・緑・黒など)
・リキッドファンデーション
・血糊

○メイク方法
(1)肌に、アイシャドウをまばらに塗ります。
(2)ボンドとリキッドファンデーションを混ぜ、綿棒で傷を作る箇所に塗ります。乾く前に素早く塗るのがポイントです。
(3)傷の真ん中に切り込みを入れてドライヤーで乾かし、爪楊枝で凸凹を作ります。
(4)切り込みを入れた所にちぎったティッシュを入れて、血糊を塗ります。スポンジなどで叩きながら血糊を広げると、より本物の傷口っぽくなりますよ。

本物らしさを追求するハロウィンメイクをしたい人は、ぜひ接着剤メイクに挑戦してみてください!

ティッシュで作る傷口メイクにいろんなアイテムと組み合わせて楽しもう

傷口メイクシールで大きな傷口を作ろう

Ryosukeさん(@zzyrox)がシェアした投稿 - 2016 10月 18 7:20午前 PDT

もっと大きめの傷口を作りたいなという人には、傷口メイクシールがおすすめです。100円均一などで手軽に手に入れることができます。

最初にシールを貼り、コンシーラーやファンデーションで肌になじませます。このとき、ちょっと浮き気味になってしまうため、アイプチとティッシュを使い、落ち着かせるようにするのがポイントです。

ボールペンで傷にリアリティを!

黒のボールペンを使うと、深めの傷を再現できちゃいます。接着剤とティッシュで傷口メイクを作った傷の中心となる部分をボールペンで丁寧に塗っていきます。

さらに、外側のティッシュの隙間をなぞるように塗っていきましょう。筆圧が強すぎるとティッシュが取れてしまう可能性があるので、夢中になりすぎて強く描かないように気を付けてくださいね。

 

今回は、ティッシュでできる傷口メイクの方法をご紹介しました。様々なアイテムと組み合わせれば、大きさやリアルさも変幻自在。しかも、どのアイテムも100円均一やスーパーなどで手軽に手に入るものばかりです。

ティッシュを駆使して、本格的なハロウィンメイクを楽しんでみてください!

SNSでシェアして、みんなでハロウィンイベントに行こう!

ハロウィキ編集部

ハロウィキ編集部

関連するハロウィン記事

おすすめのハロウィンイベント

ハロウィキがおすすめする東京都のおすすめハロウィンイベント情報です。気に入ったハロウィンイベントを見つけたら、コスプレして参加してみよう!